Archive for 9月, 2013

0

ムダ毛の成長を遅らせるのによく使われているのが豆乳。

豆乳には、大豆のエキスであるイソフラボンが含まれています。

このイソフラボンを含むものを、毛根や毛根の周りの細胞に塗るとムダ毛の成長を少しずつ遅らせることができるようです。

 

ムダ毛の成長を遅らせることができるローションとして「豆乳ローション」というものがありますが、これは自分でも簡単に作ることができるようです。

 

~豆乳ローションの作り方~

材料 成分無調整の豆乳      200ml

    レモン              1/2個

    消毒用エタノール        20ml

    ザル

    不織布や油こし紙        2枚

    キッチンペーパー         2枚

作り方

・レモンの果汁を搾る(レモンの外皮・内皮や種が入らないように注意)

                 ↓

・無調整豆乳を鍋に入れ弱火にかける

 (豆乳が温まると表面に膜ができてしまうので、よくかき混ぜながら温めましょう)

                 ↓

・60℃~65℃に温まったらレモン汁を加える

                ↓

・弱火のままかき混ぜ分離してきたら火からおろします

                ↓

・消毒用アルコールを加え更に混ぜあわせます

  (消毒アルコール使用時は火のそばは厳禁)

                ↓

・不織布、キッチンペーパーの順に重ねザルの上で、キッチンペーパーに流し込む。

                ↓

・そのまま冷めるまで待って出来上がり。

化粧用ボトルなどに移し替えて、使わない時は冷蔵庫での保管。

 

一日朝・晩の2回、抑毛したい箇所に塗るのが良いようです。

豆乳ローションは除毛ではなくあくまでも抑毛効果のあるローション。

目にみえての変化はありませんが、一度試してみたくなりますね。

・名古屋の脱毛サロン選び専用HP※名古屋駅前・栄・金山などの脱毛情報
http://www.strategicspark.com/

 

0

脱毛サロンや自宅で脱毛器を使って脱毛するなら、知っておきたいのが毛周期。

毛周期とは毛の生え変わりサイクルのことで、脱毛するのにあたって知っておくべきことです。

 

毛は、成長初期・成長期・退行期・休止期 4つのサイクルで回っています。

成長初期は、皮膚の中で毛母細胞という細胞が活発に働き、毛が伸びるようになっていきます。

成長期は、皮膚の表面から顔を出して元気に伸びていく時のこと。

退行期は、ある程度伸びた毛の成長がストップし抜けるまでのこと。

休止期は、毛が抜けてなくなり、また新しい毛が生えてくるまでのこと。

 

脱毛サロンや脱毛器を使って毛根に刺激を与え処理していくには、4つあるサイクルの中で最も毛が元気に成長している成長期に処理を行わなくてはいけません。

それ以外の期間に脱毛を行うことももちろん出来ますが、効果があまりなくムダ毛を減らしていくのに時間ががかってしまいます。

 

毛と言っても、全身の毛の太さも硬さも毛質も違うように、パーツごとに生えてくる毛の成長も違います。

 

体で最も毛の生えてくるスピードが早いのが髪。

髪は1日で約0.3~0.4ミリ伸びるようで、成長期も最も長く3~4年は伸び続けます。

自然に抜け落ちる毛もありますが、髪は体の毛の中で1番手入れをする箇所。

クシなどで髪をとく際に抜いてしまうことのも多くあります。でも、一度抜けた毛(髪)は、約4ヶ月で新しく生えてくるようです。

 

髪の次に毛の伸びが早いのは脇の毛。

脇の毛は、一日で約0.3ミリ伸びるようです。

成長は早いのですが、一度抜くと次に生えてくるまでの期間も長く空くようで、生え変わりサイクルは約4ヶ月のよう。

 

髪の次に成長期が長いのは、腕や脚の毛。

腕や脚の毛は、成長期が長く約3ヶ月~半年間は生え続けます。

抜け落ちた後の休止期も比較的長く、脚のひざ下にあたっては、4~5ヶ月休止期があるようです。

 

体の毛はそれぞれ、成長スピードが違います。

脱毛をする際は、脱毛箇所の毛のスピードに合わせて行うとより効果的のようですよ。

0

脱毛は、万国共通?かと思っていました。

でも、とあるTV番組の海外特集を見ていて、あれ??

キレイな顔立ちの女性なのに脇に・・・毛!??

衝撃を受けた私・・・

ということで、海外の脱毛意識についていろいろ調べてみようと思います。

 

脱毛の先進国はアメリカ。

ワキ毛処理が始まったきっかけが、1915年のアメリカのファッション誌。

その後各地で、ワキ毛の処理が一般化されていきました。

 

脱毛技術や脱毛グッズも日本よりはるかに多く、脱毛処理をすることは身だしなみを整える上で当たり前とされており、脱毛処理していない人のことをマナー違反ととらえるよう。

 

アメリカは、アンダーヘアの処理率も高く、日本もアメリカの人気ドラマ「SEX and the CITY」でアンダーヘアの脱毛を受けるシーンがあったことから、最近では、アンダーヘアを含んだ全身のケアをする人が増えてきているようです。

 

ヨーロッパ圏は脱毛にはあまり関心がないよう。

ヨーロッパ圏といっても多数の国があるので、国によって多少の違いがあるものの、脱毛には無関心の国が多いよう。

理由の一つに、体毛が肌と同色で生えてくる人が多く、腕や脚の脱毛処理をしていなくてもあまり目立たないということがあるようです。

 

あまり脱毛処理を行わない国が多いヨーロッパ圏ですが、ビキニラインのヘアを行っている国は多くあるみたい。

そんな、アンダーヘアの脱毛が当たり前なアメリカやヨーロッパ圏の人たちからすると、日本人の腕や脚、脇といった箇所の脱毛に力を入れているということ事態が不思議に思われているようです。

 

その他、同じアジアである中国は脱毛処理をする人がほとんどいなく、自然のまま生やしている人が多いようです。

中国のように国全体で、脱毛処理をしている人が少なくそれが一般的であれば特にムダ毛も気にならないのかも知れませんね。

 

国が違えば、毛に対する意識や考え方が違い、脱毛と言ってもイロイロなんだな~っということを知りました。

日本人も、海外からいろいろな影響を受けて今身だしなみの一つとされている箇所の脱毛も、脱毛必須とされる箇所が増えたり、又は減ったりと時代とともに変わっていくかもしれませんね。

0

最近では、脱毛=女性という考えは古いようです。

今は、男性でもつるつる肌に憧れ、つるつる肌を目指して脱毛しているようです。

そんな男性の、脱毛事情を調べてみようと思います。

 

まず、あなたは脱毛する男性に 賛成? 反対?

私が調べた限りでは、多くの女性が男性の脱毛に賛成しているようです。

正直、私自身 もじゃもじゃ~っと腕に毛があったりする男性は苦手です。(その逆で、それが魅力的だと感じる方もいると思いますが・・・)

 

現在の男性の服装はユニセックス系の服を着ている人も多く、女性同様男性もおしゃれに気を配り、ワイルドというより可愛らしいという人が増えています。

まさに少し前に流行った言葉で、草食系男子。

最近多いロールキャベツ系男子も、外見は草食系と同じく中性的で優しい印象の人のことをいうので、脱毛に興味があるようです。

 

男性自身が脱毛してみたい理由に・・・

・髭剃りが面倒

・女性にもてたい

・キレイな肌になりたい

・剛毛だと清潔感がなく見られる

 

など、理由の一部には、女性が脱毛したい理由に被るものもあるようです。

 

男性自身に聞いた「メンズ脱毛をやってみたい、またはやっている人」という質問には、質問をした方の約半数が「やってみたい・やっている」と答えたようです。

年齢別で考えると、脱毛に興味が高かったのが、20代前半の人が多かったようです。

 

脱毛=女性ではなく、これからは男性もつるつる・すべすべ肌になるために脱毛する!ということが当たり前になってくるかもしれませんね。